高画質の定義|ドライブレコーダーの通販 事故時の証拠にもなる映像を車載カメラで記録

高画質の定義とは?


結論から言うと、高画質に定義はありません。
なぜなら「高画質である」という判断は、主観に委ねられているからです。
同じ映像を見ても、見る人によってその判断が分かれてしまうからです。
DVDで高画質を実感できる人がいる一方で、BDを見慣れている人ならそうは思わないでしょう。

だからといって、画質を測る指標がない訳ではありません。
画質を測る要素として、解像度があります。

解像度とは、元々はレンズやフィルムに対してどれだけ細かく解像できるかを表した言葉でした。
具体的には、1インチの中にいくつドット(光の点・画素)があるかという密度に対しての言葉でした。

同じく解像度をチェックする際に、総画素数があります。
いつからかこちらも解像度と表現されるようになりましたが、こちらはあくまでも画面の縦横の総画素数であり、画像の全長に過ぎません。混同しないようにこちらは総画素数や画面解像度として区別しておくべきです。

例えば、同じ1920×1080のフルハイビジョンのディスプレイでも、22インチのものと27インチのものがあるのは、ドットの密度に違いがあるからです。ドットの密度を表すには一般的にはdpi(ドット・パー・インチ)と表記されます。
100dpiは1インチの中にドットが100個あるということを指します。

この場合ですと、同じ映像を再生しても27インチのディスプレイよりも、22インチの方がより細密に表現された映像になります。
これは、同じ画素数でもディスプレイの大きさ(画素密度)が変われば映像の印象も変わるということを意味しています。

このことからも、何をもって高画質というかは極めて難しいと言えます。

フルハイビジョン対応・高画質 ドライブレコーダー

カートに入れる

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
>> 詳しくは「配送について」