ドライブレコーダーの仕組みが知りたい!初心者にも良く分かる基本性能

ドライブレコーダーの仕組み。初心者にも良く分かる基本性能

取付編
インターネット通販で注文したドライブレコーダーが届いた。さっそく車に取り付けてみよう。
取付方法が超簡単なのも大きな魅力。自分でできるから業者に持ちこんだりする手間もなく、もちろん工賃だって払う必要なんてない。するべき作業はたったのふたつ。

まずは付属の吸盤でフロントガラスの好きな場所に取り付ける。
次に本体とシガーライターを付属のコードで接続する。

%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC%E3%80%80%E7%B0%A1%E5%8D%98%E5%8F%96%E4%BB%98%E3%80%80%E7%94%BB%E5%83%8F


以上で取付終了!簡単でしょ


録画編
ドライブレコーダーを取り付けて、初めて車での外出。『万が一の事故の時のためにと思って買ったんだからしっかりと録画してもらわないと困る。でも待てよ、時間が戻せるわけでもないのに、事故時に都合よく録画なんてできるのか?』

ドライブレコーダーは、ハンドル操作・急ブレーキ・衝突時の衝撃など各種センサーで状況を把握しているんです。だから、危険な状況になりそうだと判断すればそこから録画を開始します。ん~、賢い!(機種によります。)
でも最近は、常時録画ってヤツもあるんです。エンジンを掛けたら自動で録画がスタート!常時録画タイプはエンジンを切るまで録画しっぱなしです。各種センサーに頼らないので録画漏れの心配がないのでとっても安心。もうひとつは録画スタートの合図を出す部品が要らないのでとっても安いんです。(4~5年前は約5万円、現在でも2万円程度が主流のドライブレコーダーも、オンサプライ製のものなら2万円も出したらお釣りが来るほどの安さです。)

%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC%E3%80%80%E5%B8%B8%E6%99%82%E9%8C%B2%E7%94%BB%E3%80%80%E7%94%BB%E5%83%8F


どっちにしても、録画した映像はSDカードやMicroSDなど記録媒体に保存されます。
常時録画のドライブレコーダーが何時間くらい録画できるんでしょうか。
機種によって違いはあるものの、32GBのMicroSDにフルHDの画質なら約5時間分の録画ができます。
画質やカードの性能にもよるのでドライブレコーダー本体がどの記録媒体に対応しているのか、画質はどのくらいかをチェックしてみましょう。(画質が高いほど録画時間は短くなります。カードのメモリー容量も小さいほど録画時間は短くなります。)
映像はファイルという塊単位で保存され、メモリー容量がいっぱいになったら古いファイルから順番に上書きしていきます。だから基本的にはほったらかしでも問題はありません。
事故と判断した映像ファイルにはロックをして上書きを禁止してくれる機能もある(ファイル保護機能)からなお安心です。特に録画しっぱなしの常時録画タイプには欠かしたくない機能です。


再生編
機種によっては本体での再生ができます。
他にはPCで再生できます。ただし、CDを再生するにはCDプレーヤー、DVDを再生するにはDVDプレーヤーが必要なように、SDカードやMicroSDを再生させるにはその入れ物が必要です。PCに初めから付いている場合もありますが、ない場合もありますので一度チェックしてみてください。もし差し込む場所(スロット)がなければその時はカードリーダーが必要になります。USBタイプのカードリーダーがおすすめです。

以上、簡単にドライブレコーダーの仕組みをまとめてみました。
ドライブレコーダーの映像を自分で見ると、危険個所を客観的に把握できて安全意識が高まるという効果もあります。
事故に遭った時だけではなく、事故に遭わないためにもドライブレコーダーは役立ちます。

カートに入れる

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
>> 詳しくは「配送について」